お得

格安でiphoneを手に入れるには…!!!


こんにちは、りんごです♪

以前ご紹介した「iphoneの通信費を安くする方法~格安スマホ編~」の記事では、通信費を抑えてiphoneを使用するために必要な格安スマホをご紹介しました。

気になる方はこちら▼

iphoneの通信費を安くする方法~格安スマホ編~ こんにちは、りんごです♪ 以前「無制限にネットを使えて、通信費を抑える方法4選!」という記事で、当サイト管理人のりんごが、イン...

「現在使っている、iphone7をそのまま使ってもいいけど、どうしよう…イオンモバイルもいいし、やっぱりかけ放題で、電話回線がそのまま使えるYmobileも魅力的だし…」

という感じで決めきれなかったりんごはこう考えます。

「Ymobileはアイフォンの端末保証がないし、iphone7の他には、iphone4Sしかもってないから、もしiphone7が壊れたら不安だな…」

「格安スマホって、最新型のiphone取り扱ってなかったりするんだよな。格安スマホだと端末乗り換えって基本できないしね…格安スマホに乗り換える前に、格安でiphone7よりも新しい機種を手に入れられれば、後々Ymobileにしても、イオンモバイルにしても、iphone7が壊れたときにも保険として使えていいかも!!」

ということで、2018年年末から2019年1月にかけてりんごは動いてきました!!

その時のことも振り返りながら、この記事では、iphoneを格安で手に入れる方法をご紹介していきたいと思います!!

格安でiphoneを手に入れるには…!!!

まず、iphoneの手に入れ方を調べてみると、以下の3つの方法がありました。

・MNPで機種変更して、キャンペーンを利用して安く手に入れる

・中古のiphoneを購入する

・ソフトバンクのまま機種変更をする。(まあ普通のやり方ですよね^^;)




MNPで機種変更して、キャンペーンを利用して安く手に入れる

私はソフトバンクを利用しているので、MNPするならソフトバンク以外の他社になります。しかし格安スマホには、新しい機種のiphoneはなかなか取り揃っていないので、ここではauかdocomoの2つを比較していきます!

そもそもMNPとは何か?気になっている方もいらっしゃるかと思います。

MNPとは?

Mobile Number Portability(モバイル・ナンバー・ポータビリティ)のそれぞれの頭文字を取って「MNP」。

ちなみに、「ナンバーポータビリティ」、「番号ポータビリティ」という名で呼ばれることもあります。

今の電話番号そのままで他社に乗り換えることができるのが、携帯電話番号ポータビリティ(以下、MNP)というサービスです。

いったいどこにいけばいいの?

「じゃあそのまま、auショップとdocomoショップに行けば良いのか?」とりんごは思いました。

そんな時!ソフトバンクにMNPについて聞きに行った時(MNPにはソフトバンクでの手続きも必要。)

「他社に乗り換えて、お得にアイフォンを手に入れたいんです!」と店員さんに聞いたところ、「休日電気屋とかでキャンペーンとかされてて、安くなっていたりしますよ。いろんな電気屋回ってる人もいます」

との情報をゲット!!(親切な店員さんでした…他社に移りたいといっているのに…)

「電気屋の方がオトクな条件でiphoneをゲットできるかもしれない!!」

そう思い、電気屋でのMNPのための条件を確認しました。

ここでは、ヤマダ電機とビックカメラに確認した際の、au docomoに乗り換える際の条件について見ていきたいと思います!!

au ヤマダ電機

2019年2月15日現在、中国地方のヤマダ電機のとある店舗に問い合わせして確認すると、お得にキャンペーンをしていたのはiphone4種類でした。iphone8 iphone10 iphone10R iphone10Sです。

それぞれのキャンペーン内容はこんな感じ。

iphone8 64G

・MNPで、一括ゼロキャンペーンあり。ただし、1年以上持たないと、違約金等かかる場合有り。

iphone10 64G

・MNPで、一括23,760円でiphone10を手に入れられるのキャンペーンあり。iphone8同様1年間は使用しないと違約金がかかる場合あり。

※ただし現在中国地方一体で、在庫なし状態。

iphone10R 64G

MNPで、-43,200円のキャンペーンあり。合計98,400円-43,200円=一括55,200円でiphone10Rを手に入れられるのキャンペーンあり。iphone8同様1年間は使用しないと違約金がかかる場合あり。

iphone10S 64G

MNPで、-21,600円のキャンペーンあり。合計128,640円-21,600円=一括107,040円でiphone10Sを手に入れられるキャンペーンあり。iphone8同様1年間は使用しないと違約金がかかる場合あり。

端末代金はこのとおりですが、それ以外にかかる、月額使用料についても見ていきたいと思います。

au月額使用料

りんごはポケットWi-Fiを使うので、ここでは最安ですむプランを見ていきたいと思います。

・ピタッとプラン 1Gまで 1,700円

・24時間かけ放題 2,700円

・ウェブ使用量300円

計4,700円×1.08=5,076円

この5,076円という金額に、機種代金が上乗せされる形になります。

一番安く手に入れたければ、iphone8が良いかなと思います。(iphone10は中国地方ではもう在庫なしなので…)

docomo ヤマダ電機

2019年2月16日現在、中国地方のヤマダ電機のとある店舗に問い合わせして確認すると、お得にキャンペーンをしていたのはiphone3種類でした。iphone8 iphone10 iphone10Rです。

それぞれのキャンペーン内容はこんな感じ。

iphone8 64G

・MNPで、一括ゼロキャンペーンあり。+商品券1万円分をもらえる。(UCギフト券)ただし、1年以上持たないと、違約金等かかる場合有り。(色はゴールド、シルバー、ブラックすべてまだ在庫あり。)

iphone10 64G

・MNPで、一括ゼロキャンペーンあり。+商品券1万円分をもらえる。(UCギフト券)ただし、iphone8同様1年間は使用しないと違約金がかかる場合あり。(ただし現在在庫はシルバーのみ。中国地方一体では、取り寄せも出来ないとのこと。)

iphone10R 64G 128G

・64G

MNPで、一括5184円のキャンペーンあり。(商品券はなし)ただし、iphone8同様1年間は使用しないと違約金がかかる場合あり。(色は現時点では在庫あり。)

・128G

MNPで、一括14800円のキャンペーンあり。(商品券はなし)ただし、iphone8同様1年間は使用しないと違約金がかかる場合あり。(色は現時点では在庫あり。)

ただし・・・

この条件でのキャンペーンを適用するには、iphone8 iphone10 iphone10Rともに、オプションに3ヶ月間加入が必須!!

オプションの内訳を見ていきます。

・ウイルスバスター 540円

・プイプイ 540円

・健康フィットネス 540円

・フジテレビオンデマンドプレミアム 959円

・ミュージックドット jp まんが550円コース 594円

計3,173円→これが一ヶ月あたりにかかるオプションの金額

そのため、3173×3ヶ月=9519円 合計9519円のオプションの金額を払うことが必要になります。

docomo月額使用料

りんごはポケットWi-Fiを使うので、ここでは最安ですむプランを見ていきたいと思います。

・ベーシックパック 1Gまで 2,900円

・24時間かけ放題 2,700円

・ウェブ使用量300円

計5900円×1.08=6,372円

※端末保証750円×1.08=810円を付ける場合には、この金額がプラスになります。

この6,372円という金額に、機種代金が上乗せされる形になります。

一番安く手に入れたければ、iphone8か10が良いかなと思います。(ただし、iphone10スペースグレーは中国地方ではもう在庫なしなので、iphone10だとシルバーのみになりますが…)

au ビックカメラ

2019年2月16日現在、中国地方のビックカメラのとある店舗に問い合わせして確認すると、お得にキャンペーンをしていたのはiphone3種類でした。iphone8 iphone10R iphone10Sです。

それぞれのキャンペーン内容はこんな感じ。

iphone8 64G

・MNPで、一括ゼロキャンペーンあり。ただし、1年以上持たないと、違約金等かかる場合有り。商品券(UCギフト券)もらえる可能性あり。でも詳しい金額(いくら商品券がもらえるのかについて)等は、来店しないと教えてもらえないとのことでした。。

※ちなみに、iphone10については、中国地方で在庫がもうないため、キャンペーン等も提示してもらませんでした。。

iphone10R 64G 128G 256G

・64G 128G 256G

各ギガ数ともに、MNPでキャンペーンはしているそうです。しかし、こちらも詳しい割引額、またいくら商品券がもらえるのかについて等は、来店しないと教えてもらえないとのことでした。。。(色は現時点では、ない色については取り寄せ可能。)

iphone10S 512G

MNPでキャンペーンはしているそうです。しかし、こちらも詳しい割引額、またいくら商品券がもらえるのかについて等は、来店しないと教えてもらえないとのことでした。。。(色は現時点では、ない色については取り寄せ可能。)

ただし・・・

この条件でのキャンペーンを適用するには、iphone8 iphone10R iphone10Sともに、オプションに3ヶ月間加入が必須!!

オプション

5種類ほどあるものから3種類を選んで加入が必要とのことでした。大体月々1500円ぐらいかかるそう。

なので1,500円×3ヶ月=4,500円の金額をオプションとして払うことが必要になります。

au月額使用料

こちらについては、ヤマダ電機のauと料金は同じです。

・ピタッとプラン 1Gまで 1,700円

・24時間かけ放題 2,700円

・ウェブ使用量300円

計4700円×1.08=5,076円

この5,076円という金額に、機種代金が上乗せされる形になります。

iphone8以外の他のものについては、キャンペーン内容の詳細は店舗に行って確認する必要がありますので現状では、一番安く手に入れたければ、iphone8が良いかなと思います。(iphone10は中国地方ではもう在庫なしなので…)

docomo ビックカメラ

2019年2月16日現在、中国地方のビックカメラのとある店舗に問い合わせして確認すると、お得にキャンペーンをしていたのはiphoneの3種類でした。iphone8 iphone10 iphone10R。

それぞれのキャンペーン内容はこんな感じ。

iphone8 64G

・MNPで、一括ゼロキャンペーンあり。ただし、1年以上持たないと、違約金等かかる場合有り。(店舗にない色については、取り寄せはできないとのこと。)商品券等のキャッシュバックについては店頭にて要相談。(基本的にはビックカメラ商品券)

iphone10 64G

・MNPで、一括ゼロキャンペーンあり。ただし、1年以上持たないと、違約金等かかる場合有り。(中国地方では色はシルバーのみ。店舗にない色は他店舗からの取り寄せはできないとのこと。)商品券等のキャッシュバックについては店頭にて要相談。(基本的にはビックカメラ商品券)

iphone10R 64G 128G

・64G

MNPで、一括ゼロキャンペーンあり。ただし、1年以上docomoを持たないと、違約金等かかる場合有り。(中国地方では色はシルバーのみ。店舗にない色は他店舗からの取り寄せはできないとのこと。)商品券等のキャッシュバックについては店頭にて要相談。(基本的にはビックカメラ商品券)

・128G

MNPで、一括10,584円のキャンペーンあり。ただし、1年以上docomoを持たないと、違約金等かかる場合有り。(中国地方の中では、店舗のない色については取り寄せ可能。)商品券等のキャッシュバックについては店頭にて要相談。(基本的にはビックカメラ商品券)

ただし・・・

この条件でのキャンペーンを適用するには、iphone8 iphone10 iphone10Rともに、オプションに2ヶ月間加入が必須!!

オプション

ミュージックドット jpの漫画と動画のコンテンツに加入し、大体月々1,500円ぐらいかかるそう。

なので1,500円×2ヶ月=3,000円の金額をオプションとして払うことが必要になります。

docomo月額使用料

こちらについては、ヤマダ電機のdocomoと料金は同じです。

・ベーシックパック 1Gまで 2,900円

・24時間かけ放題 2,700円

・ウェブ使用量300円

計5,900円×1.08=6,372円

※端末保証750円×1.08=810円を付ける場合には、この金額がプラスになります。

この6372円という金額に、機種代金が上乗せされる形になります。

一番安く手に入れたければ、iphone8か10か10Rの64Gが良いかなと思います。(ただし、iphone10スペースグレーは中国地方ではもう在庫なしなので、iphone10だとシルバーのみになりますが…)



中古iphoneの購入ならどう?

さっそく中古のアイフォンをヤフオクとメルカリで比較してみました。

今持っているのがiphone7なので、それよりも上の機種がやはりいい!!ということで比較検討のために、ここではiphone10で価格を見ていきたいと思います。

ヤフオク→平均76,000円ぐらい(この記事を書いている2019年2月15日現在)

メルカリ→平均85,000円ぐらい(この記事を書いている2019年2月15日現在)

た、たけえ、、、(;´Д`)

これは、、やはり高い、、、

でも当然か…iphone10って2017年の8月に発売されたまだ新しい機種なんだもんね。。

そんな割と新しめの機種を手に入れるには、中古でもある程度の金額はするのか…とここでりんごのリサーチを終えました。

では次に、ソフトバンクで機種変更した時は、お得になるのか?

ということも気になったので、そちらについても簡単に見て言いたいと思います。



ソフトバンクで機種変更したらどうなる?

ソフトバンクサイトで試算してみたところ、

仮にiphone10 64ギガだった場合

24回払い 月々端末代→4,925円(税込み)

2年間の端末代金総額→118,195円(税込み)

いやーーーー高いですね(~_~;)

一括で払っても、24回払にしても、48回払いにしてもトータルでかかってくる機種代金は同じでした💦

まあ、中古で70,000円とか80,000円とかしてたから、しょうがないっちゃしょうがないんですけどね。

これはりんご的にはなしかなと思ってしまいました💦



りんごの場合(ビックカメラでdocomoのiphone10をゲット)…※参考程度

いかがだったでしょうか?

ちなみにりんごは、ビックカメラでdocomoのiphone10をゲットしました!!

・一括0円

・2ヶ月加入が必要なオプションへの加入不要

・ビックカメラ商品券15,000円分もつけてもらう。

という条件で、2019年1月末にアイフォン10を契約しました。

なぜここまで破格の条件で契約ができたのでしょうか?

りんごが分析するに理由は5つあります。

①2019年の1月初旬から問い合わせを行っていたこと。

②私はスペースグレーのiphone10が欲しかったが、その色味の在庫がなかったので、他店舗から取り寄せを依頼したこと。(この時は他店舗からの取寄が可能でした。1)

③iphone10のスペースグレーを本気で契約したいけど、現状で1月に契約すると出費がかさみ苦しい状況をしっかりと説明していた。

④担当者の名前をひかえていて、その担当者に定期的に在庫数の確認をおこなっていたこと。

⑤担当者がとても親身な方で、上司の方にかけあってくれたこと。

詳しくご説明すると、使っていたiphone7の端末代金の支払いの関係で、2019年2月にiphone10へ乗り換えをしたかったりんご。2019年1月初旬にビックカメラのdocomo担当の方に連絡したときに、また2月に在庫数等連絡が欲しいと伝えていました。

しかし…

取り寄せたiphone10のスペースグレーの残数が少なくなってきたということと、もう店舗にない色を取り寄せすることができなくなってしまうということを、1月10日頃という当初より早い時期に、連絡していたビックカメラドコモの担当者の方から連絡をいただきました。

当初2月に契約をしたいと言っていたけれど、在庫数の関係で2月になったら、スペースグレーがなくなってしまうかもしれないということで連絡をくれました。事前に1月に契約をしてしまうと、ソフトバンクの解除料金(9,500円税抜き)と端末代の支払いの割引が適用されなくなる(3,000円程の割引がきかなくなる)ということも伝えていました。

私が取り寄せを依頼したということと、1月に契約することになる場合の私の負担を考えて下さった結果、契約をしてもらえるならと

・一括0

・2ヶ月加入が必要なオプションへの加入不要

・ビックカメラ商品券15,000円分もつけてもらう。

という破格の条件を提示してもらえたのです。

でもそこまでには契約を決めきれませんでした。

なんでかというと、もっとオトクな条件があるのではないか?と思ったからです。

2019年1月中旬以降、ヤマダ電機とビックカメラを比較し見積もりをとって、競争させようとしましたが、ヤマダ電機の在庫数が0になり、それができなかったので、ビックカメラで購入することを決めました。

もちろんビックカメラのドコモ担当者に、定期的に在庫の確認も行っていました。

私が本気でiphone10のスペースグレーが欲しいけど、1月に契約すると金銭的にも負担が多いということをきちんと伝えたのと、担当していただいた方がとても親身になって、精一杯頑張ってくれたため、このようなキャッシュバックをいただくことが出来ました。

必ずこのようなキャッシュバックを受けられるかわかりませんが、以上のような点に気をつけて探されてみることをオススメします。



まとめ

iphoneの新しい機種を格安で手に入れるには、圧倒的にMNPで他社に乗り換えるときのキャッシュバックやキャンペーンを利用されることをオススメします。

今回まとめさせてもらった内容は現時点でのもの(中国地方のもの)になりますし、各店舗によってキャッシュバックや、行っているキャンペーンも多少異なってくることもあるかと思いますので、それぞれご確認されることをオススメします。

りんごは結果的に、電気屋同士で競わせることには失敗しましたが、見積もりをとり、他の電気屋へ行き交渉するということも方法としては可能だと思います。

在庫数がなくなったら、結局は意味がないので、そこはきちんと確認されるようにした方がいいかなとはおもいますがね٩(๑òωó๑)۶

MNPを利用してiphoneを手に入れられたら…

基本的に1年間は持ち続けることが違約金を請求されない条件なので、1年間持ち続けて、解約。その後格安スマホに乗り換える(解除料約10,000円はかかってしまうので、また格安スマホに乗り換える際にキャンペーンを利用して解除料を浮かせる等)というふうにすれば、通信費を抑えつつ+1台アイフォンが手に入ることになります。

以上iphoneを格安で手に入れる方法でした!ご参考にしていただければと思います。

ご覧頂きまして、ありがとうございました(*^^*)