メルカリ

メルカリでの販売の仕方


こんにちは、りんごです♪

本日は、家にある不用品を売って、お小遣い稼ぎをしよう!

ということで、約1年前にメルカリを始めて、22品/24出品を売り上げ34取引/35取引中で良い評価獲得のりんご(うち1取引は自分でも気が付かなかった、服の表記漏れにより普通の評価…評価の前に取り消しの相談等もしてもらえなかった…)が

メルカリでどのようにして出品⇒販売をしていったらいいのかについて解説していきたいと思います。

メルカリの検索の仕方については、先日の「メルカリの検索ってどうやるの?」の記事でご紹介しておりますのでよろしければ、そちらをご確認ください(*^^*)

気になる方はこちら▼

メルカリの検索ってどうやるの? こんにちは、りんごです♪ 今日は、りんごもヘビーユーザーな不用品販売や、レアアイテムを見つけるために使っているメルカリですが、...

ではまず出品の仕方についてご説明してきます。




メルカリの不用品の出品の仕方

①アプリを開くとこのように一番下の真ん中に赤い○の「出品」ボタンがあるので、そこを押します。

②そうすると、この画面になりますね。まずはこの4つの選択肢の中の、一番上の「写真を撮る」を押します。

③カメラに切り替わるので、3~4枚は写真を撮り掲載しましょう。

いろんな角度や部位を撮影するのがポイントです。

例えば、白い半袖のTシャツを出品する場合は、正面の写真だけではなく、背中側の写真を載せたり、袖の部分をアップでとってみたり等ですね。

服を出品する際は、自分の着画か、もしくはモデルさんが着ている着画を加工して1枚載せることをオススメします。メルカリは、試着が出来ない状態で購入するので、購入を検討している方から、着画をお願いされることも結構あります。

イメージが掴めたら、購入してくれるケースもありますので、可能なら載せた方が良いかなと思います。

④写真の掲載が終わったら、商品名と商品の説明を記入しましょう。

商品名だと、先程の白い半袖のTシャツを例に考えると「〇〇(ブランド)の白いTシャツ」のように、ブランド名や、色等の特徴を入れると良いと思います。

商品説明については、アプリに薄く書かれていますが、(色、素材、重さ、定価、注意点)などを記入するようにしましょう。

商品説明が思いつかない方は、画面の右上の「テンプレート」というボタンを押します。

するとこの画面になります▼

今回はこのテンプレートの一番上のものを押してみます。

するとこうなります。

これを参考に書かれてもいいかなと思いますね!

文章は詳しく書いてあげたほうが、どんなものか分かりやすいので、出品者も安心すると思います。

もし、シミや、傷等がある場合には、きちんと商品説明に入れましょう。説明を入れていないとトラブルの元になりますので、具体的にどの場所にシミや傷などがあるのか説明し、可能であればシミや傷が載った写真も載せておくとよいでしょう。

⑤そして次はカテゴリーですね。

カテゴリーを押すとこの画面になります。

この中で出品するもののカテゴリーに合いそうなものを選んでいきます。

⑥次は商品の状態ですね。

ここ押すとこの画面になります。

この中から、商品の状態に合うものを選びます。

大体「新品・未使用」だと室内での試着程度までのものが多いかなと思います。

未使用に近い」だと、1~2回着用程度の方が多いかなと思いますね。

⑦配送料の負担については、「送料込み(出品者負担)」の方が売れやすい印象ですね。

⑧配送の方法は、ものに応じて変えていかれたら良いと思いますが、配送の方法を押すとこの画面になります。

オススメはらくらくメルカリ便か、ゆうゆうメルカリ便ですね♪

この2つは匿名配送が可能なので、商品のやり取りの際に、お互いの住所を開示せずにやり取りすることができます。

⑨配送元の地域を選んで、発送までの日数を入れます。

発送までの日数は無理のない範囲で良いかと思いますが、「4日~7日」に比べて「1日~2日」の方が売れやすいということを、CMでも言っていましたね笑

 

⑩そして最後に金額を入れていきますね。

金額は300円以上9,999,999円までになっています。

なので、300円以下にはできないので、ご注意を。

設定した金額の10%が販売利益として引かれるので、送料も出品者負担の場合は、さらにそこから引かれる形になりますね。

これで完了になります!あとは、売れるのを待つだけ!

ちょっと待ったー!!金額の設定にはさらにポイントがあるし、売れるまでにもやることあるよ!

ということで、金額設定のポイントと、商品が売れるまでに何をやらないといけないのか、順番に見ていきます!




メルカリでの金額設定のポイント

先程商品の出品の仕方についてはご紹介しましたが、売れやすい価格というものがあります。

商品を出品する前にその商品やカテゴリーの商品が大体どのぐらいの価格で売れているのか、簡単にリサーチすることをオススメします。

具体的に見ていきましょう。無地で、試着のみで、新品未使用の白いTシャツを、配送料も出品者負担で出品しようとしているという例でリサーチすることにしますね。

①まず検索の上のところに、「Tシャツ」と入力します。そして右端の「絞り込み」を押します。

②するとこの画面になります。

以前ご紹介した「メルカリの検索ってどうやるの?」の記事でもご説明した検索の仕方を少し工夫すると売れている商品が見つけられます。

今回リサーチしたい「新品・未使用」「送料込み(出品者負担)」色は「ホワイト系」を入力して、前回は「販売中」を選択しましたが、「売り切れ」を選びます。

③するとこの画面になります。同じ条件の商品がいくらの金額で売り切れたのか見ることが出来ます。

さらに先程の画面でブランド名なども指定すると、より詳細な売り切れた金額が簡単にリサーチできますね!

または、同じ条件で「売り切れ」にせずに「販売中」にして検索してみると、同じような商品がどれぐらいの金額で販売されているのかが分かります。

こういったことを参考に金額設定されることをオススメします。

つづいて、商品が売れるまでにやることについて見ていきたいと思います!




メルカリで商品が売れるまでにやることとは?

そんなに多くはないのですがあるとすると2つですね。

①購入希望者からの連絡や質問に回答する

②なかなか売れなかった場合に、値下げや再出品をする。

順番に見ていきましょう!

①購入希望者からの質問に回答する

ものによりますが、質問や要望がくることは結構あります。

「もうちょっと安くなりませんか?」とか「これのサイズはどれぐらいですか?」とか様々ですね。

基本的には、丁寧な言葉遣いを心掛けられた方が良いと思います。なぜかというと、購入希望者とのやりとり等の内容で、メルカリに問題ありと判断されると、アカウントの制限を受けてしまう等の可能性もあるからですね。まぁ基本的なことにはなりますがね^^;

②なかなか売れなかった場合に、値下げや再出品をする。

きちんと商品説明も行い、なかなか売れない場合は、値下げを行うか、一度商品を出品停止にしてから、再度一から出品するという方法があります。

値下げ

値下げを行うと、「いいね」してくれている人に通知がいきます。また、値下げは金額によっては閲覧者が増えたりします。(これはどのような仕組みなのか分かっていないので、どの程度値下げをすると閲覧者が増えるのか、メルカリに少し前に問い合わせをしましたが不明でした。)

再出品

再出品を行うと、メルカリのタイムラインの一番上に表示されるので、閲覧数が増えるので、購入してもらえる確率が上がります。再出品するにしても、時期は大切になってきます。春などこれから暑くなっていくシーズンに真冬のブーツは基本的には売れないので、夏や夏の終わり頃から再出品するというのも一つの手だと思います。




メルカリでの販売の仕方 まとめ

いかがだったでしょうか?

本日はご自宅にある不用品をメルカリで売るための販売の仕方をご紹介していきました♪

・「送料込み(出品者負担)」の方が売れやすい印象

・「4日~7日」に比べて「1日~2日」の方が売れやすい

・着画があるとイメージが付きやすく売れやすい印象

・説明責任のために、シミやよごれについてはきちんと記載と写真の掲載をしておく

このようなポイントや、金額設定等ご参考にしていただければと思います(*^^*)

それではご覧頂きまして、ありがとうございました(*^^*)